ギルドが大きくなるということ

ギルドHimawari、今週末にてアクティブプレイヤー60人、夜には30人同時popという急成長をとげ、日本人ギルドの中でずば抜けて大きなギルドとなりました。

他のゲームは分かりませんが、日本語化されておらず、そもそも日本で売ってないWoWでこの規模のJPギルドは異例です。大昔はこのくらいのギルドはごろごろあったらしいけど、日本製のMMOも沢山出ている現在、そこまでWoWには一局集中しなくなったっぽい。

ギルドHimawariでは、日本人ゲーマーにとりあえず入ってもらってWoWの楽しみ方を覚えてもらう/色んなコンテンツを楽しんでもらうというのを最重視しています。ギルドの雰囲気が気に入ったら残ればいいし(もちろんこれが一番うれしい)、もっと深くやりたいことが見つかったら個別のハードコアなギルドへ移動してもらう、という性質が大きいです。

ギルドというのは、通常、人が増えてくると派閥ができ、分裂だったり解散だったりするはめになります。うちの場合はカジュアルが売りな分、「Voice Chatを使わない」「ハードモードをやらない」「25manをやらない」といった部分に不満を持つ人達があらわれ、まとめて移動したり、別ギルドが立ち上がる可能性が大きいです。

また、ギルド設立経緯のせいもあり、他サーバや他JPギルドからの流入者もとても多く、過疎化したサーバやギルドにとどめをさしている感もあります。そういった人たちが、うちの中で気の合う仲間を見つけて、新しいギルドをあらためて日本人の多いProudmooreで再度立ち上げてみる、こういうのもありだと思います。

ギルド方針にも書いたとおり、特にギルド加入/脱退に対して審査も挨拶も必要ないので、上記のようなことは好きにやってもらってかまいません。日本語化AddonやGuild Powerを作っているのも日本人WoWプレイヤーの全体数を増やすのが目的であり、自分のギルドに誘導することではありません。失敗したら戻ってくればいいだけだし、むしろ多少分裂した方が色んな特徴のギルドができて面白いとも思います。

ひまわりは一年で枯れますが、そのときに種を沢山残し、どんどん増えてまた来年咲き誇ります。そんなイメージにもぴったりなのではないでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中