☆オークションの利用とaddon

将来のmountスキル代やアイテム購入の為にお金を貯めたい!
そんな時はオークションハウス(AH)にアイテムを出品してみましょう。
ついでに出品するのに便利なaddonも紹介します。

☆何を出品すればいいの?
基本的にグレーのアイテム以外はアイテム作成の素材や装備品として売れる可能性があります。なのでグレーのアイテムだけをNPCに売り払い、残った白・緑・青・紫なアイテムをAHに出品してみましょう。NPCに売ると二束三文だった白アイテムが高値で売れるかもしれません!yeah!

※このゲームは季節によってイベントが発生しますが、その時期にだけ受けることができるクエストに必要なアイ テムがイベント開始と同時に急に値上がりすることも珍しくありません。

今回はグレーのアイテムをNPCに自動で売ってくれるaddon、VendorMasterと、簡単に競合相手よりもちょっとだけ 安く出品できるAuctionatorを紹介します。
※似たような機能のaddonは他にも沢山ありますので自分の好みに合うものを探すのも楽しいです。

☆addonのインストール
ここでは手動でインストールする場合について説明します。
Curseというaddon掲載サイトに登録されているaddonならCurse Clientと言うソフトを使って自動でインストール する方法もあります。

World of Warcraftをインストールしたフォルダを探し、World of Warcraftフォルダの中に”Interface”という名前 のフォルダを作り、更にその中に”AddOns”という名前のフォルダを作ります。この”AddOns”フォルダの中にダウンロードしてきたaddonを解凍して入れればokです。既にフォルダが存在している場合はそのまま使いましょう。

※↓下記の様なフォルダ構造になります。

Directory Structure

World of Warcraft
	|_ Interface
		|_AddOns
			|_*AddonName*
				|_ *AddonName*.toc
				|_ *AddonName*.xml
				|_ *AddonName*.lua
				|_ (possibly others as well)...

VendorMaster
http://www.wowinterface.com/downloads/info14698-VendorMaster.html
vendormaster01
Auto-sell itemsにチェックを入れるとベンダーに話しかけた時に自動でグレーのアイテムを売ってくれます。
Auto-buy itemsにチェックを入れると購入リストに登録したアイテムを売っているベンダーに話しかけた時に自動で 設定した数までアイテムを購入してくれます。(飲み物等を登録しておくと買い忘れが無くなります。)
Auto-repair itemsにチェックを入れると鍛冶屋さんに話しかけた時に自動で修理してくれます。

vendormaster02
自動購入するアイテムの登録の仕方はこんな感じで

Auctionator
http://www.curse.com/addons/wow/auctionator
auctionator01
addonを入れるとこんな感じに
auctionator02
下のBuyのタブをクリックして探したいアイテムをサーチすると安い順に表示してくれます。
auctionator03
Sellタブをクリックして売りたいアイテムをドラッグアンドドロップで自動でAHに出品されているアイテムの最安値よりもちょっとだけ安い値段を表示してくれるので後はCreate Auctionをクリックするだけで出品してくれます。

このゲームはaddonで見た目から操作方法まで自分の好みにカスタマイズ出来るので興味が湧いたら色々試したりギルドの人に聞いたりして快適なWoW生活を模索してみましょう。

☆addon関係のリンク
WoWInterface
Mists of Pandaria AddOn Guide

Curse
Curse Client

Vranx

☆オークションの利用とaddon」への4件のフィードバック

  1. Auctioneer より Auctionator ですよねっ!
    前者のほうが有名だけど…。
    ジャンクアイテムの売り払いには Scrap ってのを使っています。
    自分が装備できないアイテムも、設定で勝手に売ってくれちゃう。
    修理も自動でできたら最高なのに!

  2. 修理の自動化はは装備の耐久度を表示してくれる系のADDONに大抵付いてる。
    VenderMasterと同機能のADDONでRegentRestockerってのがあって、それには
    修理の自動化機能も付いてる。
    Repの割引率に応じて買う買わない・修理するしないを選べたり、ギルドBankを
    利用しての修理も可能。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中