合同レイドはなぜうまくいかないのか

JPコミュニティには単独でレイドするには人が足りないけど、継続して数人はpopしているというギルドがいくつもあります。特に今みたいな大型パッチの谷間はそういうギルドが増えます。こんなギルドは合同でレイドすればお互いハッピーなんじゃないの?とよく思われますが大抵うまくいきません。

1. 構造的な矛盾

ギルドAがギルドBからゲストを1,2名呼んで合同レイドをするとします。その後、ギルドAに人がぼちぼち入り、単独レイド可能な状況になったら、今まで遊んでいたゲストはどうなるかというと単に席がなくなったので呼ばれにくくなります。

いや俺は世話になったゲストは単独開催可能になっても呼び続けるぜ、という場合、ギルドAに入ってきた新人はそんなの知ったこっちゃないので、どうして他所のギルドの人に席を取られなきゃいけないんだと不満を持ちます。という具合にどっちに転んでも不満がでます。

5:5で人を出し合うような場合、こういう状態にはなりませんが、そもそも5人しか人がいないところは無理してまでレイドしようという発想が出ないと思われます。(過去には人が一杯いて知識/経験あるけど今は少なくなったというギルド同士がうまくくっつけばいけるかも)

2. ギルドチャットのスケール

pop5人のギルド二つが合同でギルドを開催します。開催中はわいわいとお話も弾みますが、レイドが終わってギルドチャットに戻った瞬間、もとの5人の小さなギルドです。会話というのは参加者が増えるほど話題が増え、10人での会話は5人での2倍以上の楽しさ、ヴォリュームになります。また通常5:5の合同というのはあまりなく、8:2, 9:1のような単独には少し足りないところへゲスト参加が多いように思えます。このような場合、元のギルドに戻った時の寂しさはより大きいでしょう。

3. 合同レイドしたいのかがよくわからん

殆どの小さなギルドが合同でいいからレイドがやりたいという意思を表明していないので、そもそも誘っていいのか、誰に聞けばいいんだというのが分からないというものがあります。また、合同でもいいからレイドしたい、と書いていても全く具体性がなく、「安定して何人/どういうロールを出せそうか」こういう情報が皆無です。またうまく合同できたところで、1に書いた、片方のギルドが単独開催可能になったら取り残されたほうはどうなるの、という問題は依然残ります。

という風に合同レイドは、開催する人の立場から見るとハードルが高いというか、継続した運営が面倒なものです。個人的には、ほぼ同数のメンバーを出し合うケースか、ギルド同士の合併/吸収を前提として2,3回お試しというくらいしかうまくいかないんじゃないかなーと感じます。

広告

合同レイドはなぜうまくいかないのか」への1件のフィードバック

  1. 上手くいく、いかないは運営の仕切りの問題だと思うけど。あなたの経験の中ではそうだったのでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中