レイド初心者用レイドヒール(DiscPri)・・・その2

初心者用RaidHealのDiscPri編、早速の第2回目ですw
今回はActiveSkill編です。普段使うSpellについてヒールに関係する部分だけ書いてあります。RaidHealとかDiscとか関係ない人は読み飛ばしてください!

ベアクローが二本で200万パワー…
いつもの二倍のジャンプが加わって200×2で400万パワー…
それにいつもの三倍の回転を加えれば400万×3で、バッファローマン!!
オマエをを上回る1200万パワーだー!! BY ウォーズマン(悪魔超人編)

Smite(Smite)
1.5secCastのダメージSpellですが、Atonementの効果により、同量(5.3から90パーセント) をヒールします。ダメージ量(=回復量)は少ないのですがCast時間が1.5Secと短いので、 使い勝手が非常にいいです。いわゆるFillerSpellってやつで、他にやることができるまで 常にCastです。 一発目の回復量は少ないですが、Passiveで書いた通り、Evangelismのstackにより20パーセント 回復量UP、Evangelismを消費してArchAngel発動で、25パーセントUPに…発動後、Evangelism Stackで更に20パーセントUP、緊急時にはTankにPenanceを入れて3stackGraceを付けて、更に30 パーセントUP、PowerInfusionで、更に25パーセントUPします!ウォーズマンも真っ青の、4段階UPです。Attonment使用時は常にこの回復量UPを頭に入れて、 ヒールします。

Penance(Penance)
2SecのChannelingSpellで2Secの間に3発の弾を放ちます(9secCD)。味方に使うとHealSpell として…敵に使うと、DamageSpellとして機能します…が、Atonementの効果により、敵に 使ってもHealします。感じとしては、2Secの間に大きめのSmite3発が発射される感じです。
味方に、使うと5.3からは2割ほど多く回復しますが、SmartHealじゃなくなります。普通は
CD毎に敵に使います。回復量がUPしていくのはSmiteと一緒です。 ただ、何度も書いている通り、一発で3stackGraceを発動するので、TankDamage激しいときは Tankにいれて30パーセントHealRecieveUPを発動させます。
味方に使うときはRaidFrame+MouseOverで使うのでいいのですが、敵に使うときは不意にBoss が消えたり、addをDpsしてる時にAddが死んでしまい、自分に誤射して悔しい思いをしなために、 下記のMacroの使用をお勧めします。
/cast [harm] penance

PowerWord:Solace(Solace)
talentSpellで、HolyFireが置き換わります。InstanCastのDD+DoT(約7sec)Spellです(10secCD)。 Castすると1パーセント(3,000)マナが回復します(Spell自体はNoManaです)。Atonementの 影響を受けませんが、このSpell自体にダメージと同量を回復させる効果があります。 Dot部分も回復するので、ヒールスペルとしてみるとDirectHeal+Hotというかんじです。 ただし、Hot部分はホント微々たるものです。
Atonementじゃないため、5.3Nerfの影響を受けず、未だダメージの100パーセントを回復します。 このSpellもEvangelismの影響を受けるため、Smite、Penance同様に回復量はUPしていきます。 マナ回復用にPenance同様にCD毎に使っていきます。

Heal(Heal)
2.5secCastのいわゆる小ヒール。使用すると対象にGraceのbuffが付きます。
なので、最初40kのヒール量だったとすると、40>44>50みたいな感じに上がっていきます。
それなりに回復してマナコストも少ないです。が、CastTime2.5secが微妙に長く使いずらく
感じます。
ダメージを与えつつヒールする、PassiveのAtonementが強すぎるので、使用機会はほとんどありません…が、全く無いってこともなくて、Atonementが使えないときに(仕方なく) 使う感じです。どんな場面かというと、敵を攻撃できない時です。ToES Lei-shiのHideや Tsu-longの昼Phaseなどで使います。

GreaterHeal(GH)
2.5SecCastのいわゆる大ヒール。Healと同じくGraceのbuffがついて、ヒール量が上がっていくのも同じなんですが、Castが長すぎるのと、Atonementが強過ぎるので、使い道が 無いのも一緒ですw
使用場面はHealと全く一緒、Atonement使えないときです。こっちの方が回復量大きいので、より大きく回復したいときにはこちらをどうぞ、但し、マナコストは高めです!

FlashHeal(FH)
1.5SecCastのいわゆる緊急Heal。GraceのBuffが付くのは上2個と同じ、ただし、こちらはCastが早いので、非常時には結構使います。DebuffのためPW:Sが使えず、非常用CDが上がっていてTank落ちそうなときに、”間に合ってくれー”と祈りながら連打します。
マナコスト高いので、基本使いたくないですが、やばい時には惜しまず使用しましょう、 落とすよりはましですw

BindingHeal(BindingHeal)
1.5SecCastの緊急HealなのはFlashHealと同じですが、Targetに加えて、自分もヒールします。 Cast早いので、自分を含む数人が大きくHPを減らしたときに緊急Heal的に使います。 MVのTrollBossで異世界に飛ばされたときとか、ToESのSha of Fearとで別部屋に飛ばされた 時とかに使います。使いどころが難しいので、うまく使えるとなんとなく嬉しいSpellです。

PowerWord:Shield(PW:S)
InstantCastのシールドスペルです。DiscだとPassiveで書いたように、Masteryが乗り強力
になり、かつNoCDになります。更に、マナコストも25パーセント低下します。また、 Raptureの効果によりShield量を全部消費しきると、Spirtの150パーセントのマナが回復 します。ただし、WeakenedSoulで再使用禁止のDebuffが15sec付きます。
Raputureのためにも、またTankヒールのためにも15sec毎に必ずTankに使用します。 また、強力かつInstantなので、やばそうな時には、とりあえず使っときます。
痛いDebuffが付いたけど…PurifyのCDが上がってる、継続したダメージを受けながら
動きつつHealしなければならない、Raidメンバーが不意に大きくHPを減らした、等等…
とにかくやばいときは取りあえずこれを使っときますw

Prayer of Mending(PoM)
特徴的な音で知られるInstantCastSpellです(CD10Sec)。CastするとTargetに飛んでいきます。 そのままでは何もしませんが、Targetがダメージを受けるとヒールして、ランダムなターゲットに ジャンプします。そこで、またダメージを受けるとまたジャンプする…を合計5回繰り返します。 マナコスト安いくせに、うまく跳ねれば、結構回復するので、基本CD毎Tankに使っていきます。 また、InstantCastなので、移動中ダメージを受け続けけるとき(HoF竜巻虫とか)なんかでも、 重宝します。Raidダメージに合わせてArchAngelと合わせて、使っていったりすると大きく 回復してくれます。

Renew(Renew)
12sec持続のInstantのHotSpellです。3sec毎に少量回復します(CD無し)。
Discだとより強力なPW:Sと、DPSしながらHealするAtonementを使うため、出番は少ないです。 ただ、全く使わないわけでもなく、PW:SやAtonementが使えない時に(仕方なく)使っていきます。 具体的には…移動しなければならなかったり、BossをDPSできなかったりで、Attonmentが使えず、 なおかつ、すでにPW:Sを使っていてWeakenedSoulが付いているときです。 Tortosのツララや、竜巻虫のP2とかで使います。

Prayer of Healing(PoH)
2.5SecCastのGroupHealです(CD無し)。TargetにcastするとTargetの所属する、Groupのメンバー 全員(5人)をヒールします。初めてRaidにやって来たNoobHealerはこのSpellがRaid全体をHeal しない事に驚きます(ホントかw)
継続的な(<ここ重要)Raidダメージのときに使うのが基本です。10manだと、Grou1・Group2を 交互にTargetする事により、Raid全体をヒールします。
HoF・GaralonなどのRaidダメージが継続するBossではこのPoHを戦闘中ずっと使い続けることに なります。
CastSpellなので、CastSpeedを短縮する、PowerInfusionや、Cast自体をダメージが来る前に終わ らせられる、SSと非常に相性がいいです。また、GroupHealでヒール量が大きいので、ArchAngelと 合わせても強力です。ま、実際は全部あわせるんですが…
ただし、単発の中ダメージには長いCastTimeのせいで、そのままだとイマイチ使い勝手が悪いです。 そこで、ダメージ前に、PW:Sをはって、BorrowedTimeのProcを利用します。

Archangel(AA)
Passiveのとこを見てねー!

SpiritShell(SS)
15秒間、Heal、FlashHeal、GreaterHeal、Prayer of Healingはヒールしなくなり、代わりに、15sec持続の同量のシールドを張ります(1MinCD)。実際はMasteryの影響を受けるので、 ヒール量の1.2倍程のシールド張ります。ただし、Maxのシールド量は決まっていて本人のHPの60パーセントです(要注意)。
組み合わせて使用するSpellは全て詠唱時間があるものばかりなので、詠唱を短くするPowerInfusionと非常に相性がいいです。また純粋にHeal量を上げてくれる、ArchAngelとも
普通に相性いいです。 色々なCastHealと組み合わせ可能ですが、実際のところ、ほぼPoHと組み合わせて使用します。 厳しいRaidダメージが予測される時に、事前にRaid全体をシールで覆うのが主な使い方です。 DBMを見ながら、Raidダメージが来る10sec前位から、使用しGroup1・2交互に、PoHをかけます。
基本ダメージを見越して先出ですが、持続的なRaidダメージの時は後出しもOKです。
基本、今みたいな使い方ですが、Tankダメージ激しいときに全Healerが同じ1人をヒールしてる 時とかに、OverHeal防止のため、FHやGHと組み合わせてTankに使うといった使い方もあります。 ToES・Lei-shiなどです。

PowerInfusion(PI)
TalentSpellでCD2minです。20秒間、CastSpeedとマナコストを20パーセント下げます。更に攻撃 に使うと5パーセントダメージをアップします。
攻撃に使って、20秒間25パーセントダメージアップ(speed20UP+Damage5UPで25)として使用 するか(Atonementによって、Healも同率UP)、SS+PoHと合わせて使うかのほぼ2択です。 どっちで使ってもいいです。
PoHのマナコストが高いので9割位SS+PoHで一緒に使用する感じですかねぇ…

Cascade(Cascade)
InstantSpellで、ちょっと面白い軌跡を描くTalentSpellです(25secCD)。targeにCastすると、targetに向けて光を発射します。着弾するとtargetから2つの光が出て、別の遠くのtargetに向けて跳ねます、跳ねた後、また2つに分かれて、遠いtargetに…というのを3回繰り返します。敵にCastすれば敵だけに跳ねて、複数の敵にダメージを与え、味方にCastすると、味方だけ
に跳ねて複数の味方をヒールします。最初のCastで1、1回目のジャンプで追加で2(合計3)、2回目のジャンプで追加で4(合計7)3回目のジャンプで追加で8(合計15)といった感じです(同じtargetには跳ねません)。味方に使えば10manだと全員回復しますが、25manだと全員回復しないのは覚えておいていいかもしれませんw
10manだと25secCDのInstant全体ヒールという、かなりお手軽かつ強力なSpellになってます。30secCDのArcAngelと相性いいので、合わせて使うと更に強力です。Megaeraの毒やTortosのStompとか全体ダメージ入ったら使う感じです。CD短いので、惜しまずどんどん使っていきましょう。ただし、マナコストがかなり高いので、使いすぎには 注意しましょうw

追記:(超重要)このSpell攻守両面で使えるのはいいのですが、敵をTargetしたままHeal
しようとする、うっかりさんが、後を絶ちませんw そうすると…例えばBossDps中だとBossに1回ダメージ与えて終りになります。このような事態を避けるためにも以下のMacroを(必ず)用意しておきましょう。このMacroを使えば、絶対にRaidをヒールします。
/cast [target=player]cascade

InnerFocus(IF)
使用後、次のFlashHeal・GreaterHeal・Prayer of Healingは必ずCritし、マナコストも 25パーセントカットされます(45secCD)。必ずCritするということはDivineAegisが発動し、ヒールと同量のシールドを張るということです。実際はMastery分追加され、1.2倍のシールドを 張ります。ArchAngelと合わせると、更に効果が25パーセント追加されます。
FlashHealと合わせて、緊急TankHealといった使い方もありますが、Prayer of Healingと合わせて、 一発だけのSpiritShellという使い方が多いです。ただし、こちらはSSと違い、回復もするので、 HP満タンで使うと、ちょっともったいない気もします。
Cascadeと同じように、Megaeraの毒やTortosのStompの後とかで、BorrowedTime+PoHで使います。 シールド部分だけを利用し事前に使うのも、もちろんアリです。

PowerWord:Barrier(Barrier)
直径10Yard位の10Sec持続のBarrierを張ります。中にいる全員のダメージを25パーセント
カットします(3minCD)。足元に出るんじゃなくて、地面にTargetを指定します。 いわゆるRaidCDなので、基本的にその使用はRaidLeaderによって指定されます。指定されたら、(当たり前ですが) ピンチだからといって勝手に使用してはいけませんw
使用のときは全員まとまっている必要があります。Raidダメージ激しいときに使用します。

PainSuppression
8秒間、targetのダメージを40パーセントカットします(3minCD)。 基本、Tankを落とさないよう使用するTank用CDです。
基本的にTankに使用しますが、自分がやばそうなときに自分用に使用したりもします。
HoF弾幕虫や竜巻虫ではかなりお世話になりましたw

VoidShift
Targetと自分のHPを交換します(5minCD)。ただしtargetのHPが25パーセント以下でも、交換後Castした人は最低25パーセントのHPは確保されます。
これもほぼTank用CDです。Tankが死にそうなときに、使っていきます。(うまく使うと)使用後は自分が瀕死なので、後述のDesperatePrayerやLockCandy(healthStone)を使用するといいです。

DesperatePrayer
PriestのHPを即座に30パーセント回復します(2minCD)。マナコスト無の自分専用のTalentのInstantHealです。自分が死にそうな時に使用します。出し惜しみしてはいけませんw

Hymn of Hope
8秒間のChannelingSpellで、Channelingしている間、自分と近くのマナ低い人2人のマナを回復します(6minCD)。完全にChannelしきっても10パーセント回復しない感じの微妙な量のマナを回復してくれますw
ChannelingSpellなので戦闘中に暇を見つけて回復しましょうw MegaeraのRampageで全員集まってるときとかに、Rampage後使用したりするといい感じです。

ShadowFiend
12秒間、聖職者のPetらしからぬ、暗黒の生物を呼び出しますw 呼び出してる間、Petが殴る度にPriestのマナが3パーセント回復します(3minCD)。こちらは体感で40パーセントくらい回復 してくれる感じです。Hymn of Hopeと違い、かなり頼りになります。殴りなので、可能ならばHeroismに合わせると いいそうですが、タイミングを合わせるのは難しいですw
なお、Bossが消えたりする戦闘だと、ちゃんとタイミングを考えて使わないと、出した途端にBoss消えて涙目になります。addに使うときも途中でaddが死んだりしないようなタイミングで使いましょう。これをはずすとショック大きいですw

Purify(Dispel)
InstantCastのいわゆるDispelSpellです(8secCD)。厄介なDebuffを消します。Discの場合はMagicとDiseaseを消せます。Raidで付くDebuffは消さないと、死ぬDebuffがほとんどで、即座に消すことが要求されます。基本、最速で消すようにしましょう!誰か消すだろう とか舐めた事を考えては絶対にいけません。CDが上がっていて、間に合いそうも無いときは、とりあえず、PW:Sを入れておきます。

MassDispel(MassDispel)
0.5secCastの範囲DispelSpellです(15secCD)。地面に丸いゾーンを置いて使用します(Barrierと一緒)。味方に使うと、範囲内の味方のDebuff(Magicのみ)を消し、敵に使うと、敵のBuffを消します。RaidのMelee陣にいっぱい Debuffが付いたときとかに使います。また、敵の集団にBuffがいっぱい付いたときにも 使います(HoF4thの虫add)。基本RaidのDebuffはほっとくとWipeなので、一気に消せる ときはこれを使って消しとたほうがいいです。Castも0.5secと短いので、使い易いです。うまく複数消せると俺スゲエ出来ます(自己満足)。

DispelMagic(O#Dispel)
InstantCastのいわゆるOffenseDispelです。敵のBuffを1個消します。
Raidのこの手の消さないといけないBuffは、基本消さないとWipeします。
ふつうのDispelはPriのほかにも全Healerもってますが、O#DispelはPriの他Shamしか持ってません。他人は当てに出来ませんので、必ず最速でDispelします。

Heal用に使うSpellは大体こんなところです。具体的な戦闘の流れだと、次のような感じになります。
Penance・SolaceをCD毎に敵に使い、TankにはPW:SとPoMをCD毎に使っていきます。基本何も無ければ、 その間Smite連打です。Tankダメージが大きくなれば、Graceを利用するため、TankにPenanceを入れ ます。さらに減りそうなら、AAやPowerInfusionを発動します。それでも、やばそうなら、VoidShift PainSuppressionを使い対応してきます。

小規模RaidダメージならAtonementで回復をまちます。ダメージを無視して上のローテを続けます。
中規模なRaidダメージはPoMやCascadeや、(IF付き)PoH等で対応していきます。
大規模RaidダメージはSSやPowerInfusion、AAとPoHを組み合わせて対応します。
継続的なRaidダメージならPoMやIF、PowerInfusionを利用しながら、ずっと、PoH連打です。
その場合でも、Evangelismのstackを稼ぐためPenanceとSolaceは敵に当て続け、いつでも、AAを 利用できるようにしときましょう。

広告

レイド初心者用レイドヒール(DiscPri)・・・その2」への5件のフィードバック

  1. 長いので  BY ウォーズマン(悪魔超人編) までしか読んでませんが、cordさんがこんなに漢字を書けることに大変驚きました

  2. >>TankにはPW:SとPoMをCD毎に使っていきます。
    ここなんですがシールドと重なるとPoMさん出待ち状態で
    最近は接近DPSにPoMしてるんですが、どでしょ。

    1. Tankの被ダメを考えるとシールドなんてすぐ消し飛ぶから、そこまで心配しなくていいと思う。逆にタンクのシールドが消し飛ばないような状況なら、PoMそんな飛ばなくても問題ないし

      あとPoM強化のグリフをつけると、一発目のPoMヒールが6割り増しになるので、タンクにかけないともったいないってのもあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中