レイド初心者用レイドヒール(DiscPri)・・・その3

レイド初心者用レイドヒールDiscPri編第三弾…Megaera超えたんで、自分の中ではもうどうでもよくなってしまったのですがw書きかけていたので、せっかくだからUPすることにします。今回もDiscとかRaidHealとか…どうでもいい・・・という人は読み飛ばしてください。

前回のActiveSkill編で、PoMやPenance、SolaceをCD毎に使ってください、Evangelism・5stack消費してAA発動します…とか、書いたのですが、DefaultのUIだと、そこかしこにSpellが散らばっていて、CDを把握しずらかったりします。また、AA発動時でも、画面上部でEvangelismのStackを見て、溜まったら、AAのCDを確認してAA発動…とかになって、イマイチ使い勝手が、よくありません。
そこで、今回はCDやBuffのStackをaddonを使って管理していきます。
使うaddonはBartender、OmniCC、WeakAuraです。
持ってない人は…これらのaddonをCurseClientからDLし導入しましょう。

導入したら…
/bartender
でBartenderの設定を呼び出します。
左TabにあるBar10をClick。真ん中にある”enable”にチェックを入れます。そうすると、新しいActionBarが画面に現れます。次は一番上の”Lock”のチェックをはずします。すると、新しいActionBarを移動できるようになります…見やすいところにもっていきます。私はRaidFrameやDBM、PlyerStatusを近くにまとめて表示するようにしています。
見やすいところに持っていったら、”Lock”のチェックを入れてください。
次にSpellBookから、CD管理の必要なSpellをActionBarへはめて行きます。私の場合はPenance・Prayer of Mending・PowerWord:Solace・Cascade・Shadowfiend・Purify・ArchAngel(及びEvangelism)SpiritShell・PowerInfusion・PainSuppression・VoidShift・PowerWord:Barrier・InnerFocusです。
埋めたらSkillを使ってみてください。OmniCCが入っているので、CDの残り時間が表示されるはずです。全部WeakAuraを使って管理してる人もいますが、これだと簡単にCDを一括管理できるので便利です。1

これで、かなりCDを把握しやすくなったのですが…これだとまだEvangelismのStackや残り時間が見えず、DiscPri的にはイマイチ使い勝手が悪いです。そこで、今度はWeakAuraを使ってEvangelismのStackや残り時間を見えるようにしていきます。
今度は
/wa
でWeakAuraの設定を呼び出します。
左Tab一番上のNewをクリック。クリックしたら、真ん中のTextをクリックします。そうすると左Tabに入力を促すプロンプトが現れるのでそこにEvangelismと入力します。入力したら真ん中上のTrigerのTabをクリック。画面が切り替わったら、真ん中のAuraNameのところにEvangelismと入力しOKをクリックします。今度は真ん中上のDisplayのTabをクリック。すぐ下のDisplayTextのNewをけして%sと入力しAcceptをクリックします。次にすぐ下のFontSizeのBarを動かすか直接・数値を入力して15にします。ここで一旦右上のXをクリックしてWeakAuraを終了します。トレーニングダミーのところに行って、Smiteなり、Penanceをキャストします。するとEvangelismのStackが表示されるはずです。表示されない人は…
/wa
と入力し、設定画面を呼び出して、左TabのEvangelismを右クリック後Deleteをクリックして、一旦全部消してから、最初からやり直してくださいw
表示された人は…
/wa
と入力して、Evangelismをクリック。するとスタックの数字をマウスでドラッグして動かせるようになるので、動かしてArchAngelのアイコンに重ねましょう。マウス操作でうまく合わせられない人はDisplayTabをクリックして、下のほうにある、XOffsetやYOffsetに数値を手動で入力してみてたり、フォントサイズを調整してみてください。

AAのアイコンの右下に”5″と表示され、こんな感じになります。2
次に、Evangelismの残り時間を表示させるようにします。上の画面だとAAのアイコンの下に残り時間が表示されてます。
また、
/wa
と入力し、設定画面呼び出します。さっき作った左TabにあるEvangelismを右クリックして、Dupulicateを選びます。選ぶと入力を促すプロンプトが現れるので、今度はEvangelism2と入力します。これで、さっきの設定が複製されます。
入力したら、Evangelism2をクリック。真ん中上のDisplayTabをクリック。すぐ下のDisplayTextにさっき入力した”%s”が入力されてますが、それを消して今度は%pと入力し、Acceptをクリックします。ここでWeakAuraを一旦終了してください。またトレーニングダミーのところに行って、SmiteなりPenanceをCastします。今度はEvangelismの残り時間が表示されたはずです。されてない人は、さっきの要領で、一旦消してやり直してくださいwまた、
/wa
と入力して、WeakAuraを呼び出します。左にある、今作ったEvangelism2をクリックします。すると、さっきと同じようにマウスでドラッグして動かせるようになるので、今度はAAのActionBarの下にもっていきます。うまく調整できないときは、フォントをいじったり、座標をマニュアル入力します。
これで、Evangelismを完全に追跡できるようになりました!

今回は、Evangelismの残り時間を数字で表示するようにしましたが、WeakAuraを使えばヴィジュアル的に表現することも出来ます。今度はAA使用時の残り時間をProgressBarを使って表示するようにしてみます。
/wa
と入力し、設定画面を呼び出します。左Tab一番上のNewをクリック。クリックしたら、真ん中右下のProgressBarをクリックします。クリックすると、画面左で入力を促す、プロンプトが現れるので、Archangelと入力します。入力したら真ん中上のTriggerTabをクリック。画面が切り替わったら、真ん中のAuraNameのところに、Archangelと入力し、OKをクリックします。
入力したら一旦WeakAuraを終了します。また、トレーニングダミーのところに行きますw
SmiteやPenanceでEvangelismのStackを稼いだらArchAngelを使います。画面にProgressBarが現れたら、成功です(駄目なら消して最初からw)。また、
/wa
と入力して、設定画面を呼び出します。左Tabにある、今作ったArchAngelをクリックします。すると、マウスを使って、ProgressBarを拡大・縮小したり・位置を動かせるようになるので、好きな位置にもって行きます。Barの色を変えたければ、DisplayTabを選んでして、BarCollorのところをクリック、すると、好きな色を選べるようになります。

3

私はこんな感じで表示するようにしています。AAの他にもSSやPowerInfusionなんかもあるといいかもしれません。

以上CD管理についてでした。本当は設定の所とか画像を使ったほうがわかりやすいんですが、面倒くさいのでやめましたw文字だらけで、わかりにくいことこの上ないですが、参考になれば幸いです。

広告

レイド初心者用レイドヒール(DiscPri)・・・その3」への1件のフィードバック

  1. 自分も以前にWeakAura使って見たのですがちょっとややっこしかったので挫折しました
    もう少しだけ簡単だったTellMeWhenというのでやっております!
    かなり大きいアイコンでやってるため(スルー防止用)あまり沢山だすと画面がみえなくて(*´ω`*)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中