RPPMトリンケットの発動監視

Kurocoです。

たまにはdps的な話をします。

クソ重箱の隅的な話なので、興味がない人は読み飛ばし推奨です。

DPSをブーストする要素はできるだけ同時に発動したほうがいいです。

細かいことは省くけれど、たとえば攻撃力が10%上がるっていうスキルがあったとして、これを単体で使うとdpsの増分は10%です。
また別のスキルで攻撃速度が10%上がるってのがあった場合、これも単体で使うと増分は10%です。

しかしこの二つを同時に発動した場合、攻撃力は10%上がった状態で攻撃速度が10%上がるので、
攻撃力を上げるスキルの効果は110%x10%で11%となり、
同じく速度を上げるスキルの効果は110%x10%で11%となるので、
結果同時に使うことにより2%のdps増分があります。

まあ実際にはそんな単純な話ではなく、厳密にはもっとブレがありますけれども、バーストを重ねると上乗せの増分がある、ってのは事実です。

だから

「バーストスキルを使う前には、trinketが発動してたりするとよりよいよね」
「useのtrinketだったら管理しやすいけど、そうじゃない、勝手に発動するタイプのモノもあるよね」
「そういうやつとバーストスキルをあわせるにはどうしたらいいの?」

ってのが今回の話。

dpsのtrinketには、発動型が大きく分けて以下3種類あります。
・useタイプ
・ICDタイプ
・RPPMタイプ
上の二つはPvPやる人だと選択させられるので、馴染み深いんじゃないかな。

useタイプはもう見ればわかるけど、useできるタイプのやつで、使うとスキルと同じような感じでCDがつく。

ICDタイプはinternal cool downの略で、勝手に発動します。ボタン押さなくていいから楽チン!
で、このタイプのやつってのは、発動は確率なんだけど、内部的に見えないcool downが存在します。
この見えないCDを可視化する、ってaddonがあって、そいつが今回の記事の主旨です。まあ詳しいことはまたあとで。

そんで最近出てきたのはRPPMってやつで、real proc per minutesの略です。
こいつは確率で発動して、cool downみたいなものがない。だから運さえよければ何度でも発動する。

なんでこんなやつが生まれたかというと、たとえば発動回数を「1分に1回」としたい場合、
ICDのほうはCDを55sec、発動確率が15%とかの高確率に設定するわけですね。
でもそうすると「CDがあけてればすぐ発動する」ってモノなんで、発動タイミングが非常に読みやすい。
読みやすい=作業になりがちってことで面白くない、もう少しブレ幅があるものにしようってことで、RPPMって仕組みが必要になったんじゃないかと。

でも単純な確率にしてしまうとですね、Classによって抽選回数の多いクラスと少ないクラスが出てしまって、そこで発動回数に開きが出てしまう。
そもそもICDって仕組みがある理由は、これを避けるためだと思うのでね、こうなってしまうと本末転倒なんでしょう。
だから発動回数自体は時間で縛るようにして、抽選回数の多い人は確率が低く、逆に抽選回数が少ない人は確率が高くなるようになってます。
そうすることで、時間当たりの発動回数が均等になる。そういう仕組みがRPPMです。

じゃあ本題。

Useじゃない、こいつらを上手くバーストスキルと合わせるにはどうしたらいいの?

一番簡単な方法は、

「開幕に全部のバーストスキルをあわせる」ことです。

余談ですが、開幕はPre Potしてからはじめるのでね、その分も重複するって意味で、ここでバーストするのがいいんですね。

最初に数秒ボスを攻撃するとですね、ICD系はそもそも発動確率が高いので、簡単に発動します。
RPPMのほうも、実は抽選に外れ続けると確率が上昇していくっていう仕組みが入ってて、ボス戦はそれが120秒分(Out Combat時のcap)たまっている状態からスタートするんだそうです。
だからICDもRPPMも開幕は数秒のうちに発動することが多い。

できればこいつらの発動をWeak Aurasとかで確認してからバーストするとベストですね。ぼくはやってませんけど。

その代わり、ICD管理addonってのを入れてます。

ぼくが使ってるのはExtraCDってやつ。
http://www.curse.com/addons/wow/extracd

これシンプルで見やすくてお勧めです。

こいつのアイコンが全部光ったらバーストスキルを使うわけです。ずっと監視してるのは難しくても、開幕ぐらいは結構簡単です。

枠が光ったら発動中で、中の緑字が残り時間です。
ICDモノは現在のCDが赤字で表示され、数字が無ければready状態。
RPPMのやつが意味がわからなくて、色々話したんですけど、どうやらRPPMそのものの数値みたい。
1分に何回発動する程度の確率か、ということで、Out Combat時の最大値は6。6のときはMaxと表示され、これだと100%発動です。
モノによるけど、ざっくりいうと、1だと運次第な感じ、1.5ぐらいだとそこそこ高確率で、2なら発動間近ぐらいなイメージです。

そんな感じでですね、自分のCDスキルとtrinketの発動を上手く合わせると、ちょびっとだけDPSがあがります。

バーストスキルのCDあがったときにね、基本的には即時発動させるのがセオリーなんですよ。1回でも多く使えるようにするために。基本はそっちです。
ただそこでですね、このtrinketのCDをちょっと見てみる。
ICDのやつがready状態になってないか。RPPMのやつが数値でかくなってないか。
ちょっとだけ待てば発動するような状況であれば、待ったほうが全体としてのdpsがあがる場合があります。
そういうのを確認してですね、待つのかいくのか決めるようにすると、ちょっといいかもしれないです。

あとDKだったらですね、ガーゴイル呼ぶときは事前にCD使うとよいとかもありますね。
あいつらって一定時間居座る系のペットなんですけど、あれは呼び出したときのパラメータが強さに影響したりするんで、自分が強いときに呼び出すとあいつらも強い。

Ghoulのほうはどうかわからないですけど、ガーゴイルはなんか呼んだ時のattack powerで強さが決まるよ的なことが書いてあるんで、たぶんそうなんでしょう。

まあそれは余談ですが、とにかく。
ExtraCDってaddonの、RPPM系trinketに書いてある数値は、大きければ大きいほど発動が近いよ、と。
長々書きましたが、言いたかったことはそれだけです。

結論がしょぼいですが、なんか腑に落ちないところとかあったら、インゲームでもコメントでも聞いてください。

ではでは。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中