アイテム関連やチャットの基本操作

WoWのUIはMMOの世界標準的になっていますので、戦闘などの基本操作は他ゲームでの経験があれば違和感なく出来るとは思います。しかし細かい操作になるとどうしても差違がありますので、普段使うけど解りにくいと思われる操作方をリストにしておきます。

Item操作
・スタック分割
GBから一個だけItemを出す場合や、制作依頼などでStackを分割したい場合、そのItem Stackを「Shift+左Click」で
Item分割ダイアログ
の様なダイアログが出ます、数量は<>ボタンで増減するか、数字欄にフォーカスを移して直接入力出来ます。
この操作は、NPCからのItem購入でも同様の操作で数量指定出来ます。

・ItemLink
良くギルチャなどで
ItemLink チャット欄
の様な色の違う文字を見ると思います。(Itemはそのレアリティの色、スキルは水色、クエストは黄色)
これはItemLinkと言ってアイテム名部分を「左Click」することでそのItemのToolTipを表示させる事が出来ます。
ItemLink2(色々Addonが入っていますので、素だともう少し簡素です)
この機能はItem以外にクエストやSkillでも使えます。
ItemLinkを張る場合は、EditBoxを開いて(チャットの打ち込み状態にして)、張りたいItemやスキルのアイコン(クエストの場合は題名)を「Shift+左クリック」でチャットに入力することが出来ます。

・ドレッサー機能
装備品はアイコンを「Ctrl+左Click」することで、自分のキャラクターに装備した場合のグラフィックを確認する事が出来ます。上記のItemLinkの文字に対しても有効です。
ドレッサー

CharactorInfo(Cキー)のCharactorTab(装備画面)で「ALTを押しながら各装備スロットにマウスオーバー」すると、そのスロットに装備可能な手持ちの装備一覧が表示されます。
ALT+マウスオーバー

・GEM装着
Gemを装着したい装備のアイコンを「Shift+右Click」でItem Socketingパネルが出ます。
Gem装着
下のソケット部分に付けたいGemをDrag & Dropし、「Socket Gems」をClickすれば完了です。同じGemを複数付けたい場合はスタックを分けて置かないと一気には装着出来ません。

Chat関連
基本的な操作は、チャットウィンドウにある吹き出しマークを「左クリック」で切り替えられます。
チャット切替えの
常用するチャットモードはスティック(固定…EnterKeyのみで発言可能)されますが、General系やYellなどはスティックされません。又、Partyなどを抜けて今まで使っていたチャンネルが消滅するとSayに戻ってしますので誤爆(特に日本語での)に気をつけて下さい。

・wis(whisper)の返信方
デフォルトでは「R」キーで相手の名前が入力された状態でEditBoxが開きます。又、EditBoxを開いて「/r+半角スペース+名前」でも可能です。

・wisの送り方
基本は「/w(半角スペース)名前(半角スペース)本文」の形です。
チャットで発言が見える場合には

[G][..名前..]:…発言内容….
____↑
この部分を「左Click」で相手の名前が入力された状態でEditBoxが開きます。

・その他チャンネルの切り替えコマンド(すべて最後に半角スペースを入力すると切り替わります)
Say : /s
Guild : /g
Party : /p
Raid : /raid
Instance : /i
Yell : /y
Whisper : /w

発言したいチャンネルが見えている場合には、

[G][..名前..]:…発言内容…
_↑
この部分をこの部分を「左Click」で、そのチャンネルのEditBoxが開きます。

Pratなどのチャット用Addonを導入すれば、よく使うGuildやPartyなどへのチャット切り替えを、ショートカットキーに割り当てることが出来ます。

written by Ali

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中