WoDのレイドシステム変更点まとめ

WoWの大きなエンドコンテンツとして存在するレイド。これがMoPで導入されたFlexシステムを元にWoDで大きく変更されるので、一度おさらいしておきます。

なお10月中旬と予想されるpre-patchが当たると、SoOにこの仕組みが適用されるようになるそうなので、WoDが来るまでの一ヶ月はSoOでこの仕組みを使って遊ぶ予定です。

WoDRaid

 

1. 難易度名称の変更

FlexをNormal, NormalをHeroic, そしてHeroicをMythicと呼ぶようになります。改名の理由としてはNormal/HeroicのどちらにもFlexシステムが導入されるのであえてFlexと呼ばないようにしたみたいです。皆さん大好きLFRは従来と同じまま残ります。

ギルドとしての目標はこの中のNormalとHeroicの制覇になります。Heroicという名前にはなりましたが、今までもNormal難易度なら毎回クリアは出来ているので、WoDでも十分可能でしょう。

MythicはHeroic制覇が予定外に早い時期に出来て時間がどうしても余った時のオプションで、基本的に20人以上ログインして居ても殆どやらないと思ってください。

また、非常に多くの方から何度も尋ねられますがWoDでもレイドにおいてボイスチャット導入の予定はありません。レイドへの参加の敷居を可能な限り下げる、とか、いつものメンバーで内輪的な会話を続けて新規の人との間に壁を作ってしまうのが嫌等のポリシーがあって非採用としているので、攻略の効率が上がるという程度の理由では導入しません。

2. 参加可能人数の変化

Normal, Heroicは従来のFlexと同様に10人から25人の間で自由にレイドを組むことが出来、人数に応じて自動的に難易度が調整されます。

従来のノーマルレイドはカレンダーに22:00-24:00の日程を作って、その時間にあう人から10人を選んで開催していましたが、参加可能人数が可変になるため、参加したい人は必ず参加でき、途中参加・途中退出も気軽に出来るようになり、より多くの人が参加可能となります。

始まってみないと分かりませんが、前にやっていたギルドFlexのようにレイド開催時間を21:00-24:00に広げて、ログインした人からレイドにJoinして消化していくことで、22時からだとプレイできないという人を救済したり、後半のボス練習したいけど到着した頃には時間が無いという問題への対策も考えられます(夜遅い方向には決して時間は伸ばしません)。

また10人ぴったりだと一人一人の役割が大きいため、ノーマル以降の難易度にはついてこれない人がどうしても出てしまう場合もありましたが、WoDでは他のうまい人や装備の揃っている人がカバーすることで、今までよりも参加出来る機会はきっと増えます、増やします。

ということでWoDでのレイドは、うちみたいなカジュアルギルドだと、メリットが非常に多くとても楽しみにしています。

逆に旧HeroicであるMythicは20人固定となり参加の敷居が上がりました。今まではノーマル全クリアして、時間が余ったら1,2ボスHeroicもやってみてましたが、20人必要となると今後はどうなるか分かりません。

またMythicレイド攻略を主体とするギルドにとっては24,5人はギルドメンバーを集める必要が出るので、人材の確保・引き抜き等が活発化することが予想されます。

3. アイテムのLootシステム

レイドでのドロップ品のLootシステムが従来のLFR/Flexと同じ個人ルートと、従来と同じで確定でいくつかギアが落ちて、それをみんなに配分するグループルートが選べるようになります。RLが選択します。

グループルートの場合は10人だと2個確定、25人だと5個確定で、その間の個数は人数に応じて増えていくみたいです。たとえば、18人なら3個確定で落ちて、4個目は50%の確率でドロップみたいなイメージ。

ギルドランだとどちらを選ぶか悩ましいところですが、不要なギアをDEした素材を売ってギルド資金に変えやすくなるので、少なくとも最初はグループルートで始めると思います。突発的に開催するような時はルート管理が面倒なので個人ルートの方が楽でしょうね。

4. ウィング

Flexの利点は実は参加人数だけではありません。SoOだとWing 1,2,3,4の中から好きなところを選んでワープして始められ、とても便利でした。WoDではこの仕組みはなくなるようです。

その代わり、レイドの構造自体がウィングに分かれており、ある程度好きなボス群を選んで攻略ができるようです。(特定のボスを倒すと鍵が落ちて、それを持ってたらスキップ可能なボスが増えるとかそんな感じになるかも)

旧Flexの、グループ組んだら一発ワープは非常に便利でしたが、味気ない面も多かった(そもそもFlex専門の人はレイドの入り口を知らない事が多かった)ので、この仕組みはいいとこ取りで面白いんじゃないかなーと思います。

このようにカジュアルギルド向けにはメリットだらけの変更点なので、今までフレックスやノーマルレイドへの参加をためらっていた人はこの機会に参加を考えてみてはどうでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中