Heroes of the Storm α版の感想

Heroes of the Stormのα版が当たって対CPUをしばらく遊んだので、WoWプレイヤーで気になっている人も多いと思うためその感想を少し。

HotS

 

まだCPU相手の5:5しかやってないのであくまでその観点です、LoLやSmiteは少しプレイした程度でどっぷりはやってません。

対戦時間:

これはすごく重要な点でLoLなんか特に長いことで有名ですがHotSは一戦15分、長くて20分程度で終わります。LoLみたいなレーンがもちろんあるのですが、それと同時にマップ毎に存在するギミックを活用することが重要みたいです(WoWのBGみたいな感じ)。

チーム構成:

今のところ5 vs 5の組み合わせしかありません。身内5人集めるのも大変なので、3 vs 3も欲しいなーとは思いました。

ロールはAssassin/Warrior/Support/Specialistの4つで、だいたいAssassin=DPS/Warrior=Tank/Support=Healerて感じです。AssassinとSupportはmelee/rangeの二種類にさらに分かれます。

Specialistはヒーロー別に役割が違うんですが、基本的には建物破壊用みたいに、特定用途に特化しているとのことです(まさにspecialist)。フリーローテに入ってないせいで使用していないため詳細は分かりません。

対人はまだやってないですが、おそらく構成は Assassin x 3, Tank, SupportとかAssassin x 2, Tank, Support, Specialistみたいなのが基本になるのかなあ。

レベル:

1からはじまり10でUltを覚えて20で最高レベルとともに強力なタレントを覚えます。特徴として、経験値をチームで共有するのでレベルがあがるとチームの全員のレベルが上がります。これによってサポート的役割の人でもレベルが上がりますし、不慣れな人でもレベルがあがってチームに貢献でき、とても快適に感じました。

若干の短所として5人一気にレベルが上がってタレントも覚えるので、1レベル上がると相手がまとめて強くなります、まあ味方も同じなんですが。

タレントとか:

ショップがないのでお買い物はしなくていいです  Yay

その代わりにタレントの概念があり、レベル1,4,7,10,13,16,20でタレントを選択していきます。タレントは2-4種類の中から選んで、攻撃・防御・回復・範囲・支援重視等を選んでビルドを組み立てていき、大半はPassive効果でたまにアビリティが増えるのもありますがCDが長いので基本ローテが増えるわけではなくあくまで補助や緊急用という姿勢です。タレントの組み合わせ自体に相乗効果が発生しそうなので、ビルドはタレントの取り方によって作られていきます。

また、タレントは最初全て二種類の基本的なものからしか選べませんが、ヒーローを遊んでXPが貯まるとレベルが上がり少しずつ選べるタレントが増えていきます。後述のUltの二種類目もレベルで解禁されます。

ただしこのレベルもそのキャラで10-20回も勝てば全部覚えそうな感じなので、最初は基本的なビルドで遊んでもらい、慣れてきたら応用的なビルドも選べるようになるという風に誘導している印象を受けます。

なお、レベル10ではタレントではなくいわゆる必殺技(Ult)を覚えますがこれも二種類から選べるようになるためビルドの一部に組み込まれます。大体は、単体or範囲とか、回復or攻撃、自己強化みたいな選択になるぽい。

ヒーロー:

選べるヒーローについて。これがすごくうまくやったなと感じるのですが、MOBAって通常はオリジナルキャラなんですよね、で、それが数十体も出てくる。LoLとかデファクトになってるゲームならともかく、新規のMOBAでこんな大勢のオリキャラに普通は興味もてません。その点、Smiteは神話から登場人物が選ばれてて著作権の問題もクリアしつつ、ワールドワイドで各地の人に馴染み深いキャラを出せてて大変うまかったと思います。

そしてHotSですが、ブリザードの各種ゲームからキャラをもってきており、ブリゲーユーザにとっては大変興味を引き、これだけでもプレイしようという気になります。私はWoWしか殆どやってませんが、アーサスとかディアブロ動かせるならそりゃ一度は触ってみるかってなります。WoW/Diablo/Star Craftからキャラを引っ張ってきてます、今のところ全30体ほどであれっこの人いないのってヒーローが沢山いるため、後々絶対増えます。 =>  キャラの一覧はここ

プライス:

F2Pで、LoLと同様にヒーロー解放やらスキン取得でお金を取ります。ヒーローは最低$3から最高$10まで、キャラ別に価格が設定されてます。スキンも同じような価格。無料で使えるヒーローは二週間くらいのスパンでローテされます。正直1キャラ10ドルは高いなーとは思いますがBundleもあるのでWoWヒーローまとめて$30とか出たら買おうかなとーと思います。

ゲーム中でレベルを上げたり、Daily Quest(HSみたいにこの種類のキャラで何勝しろ系)で得られるゲーム内ゴールドを貯めてヒーローをアンロックすることも出来ます。今のところ2-3週みっちりDailyやって1ヒーロー解放できるかなくらいの報酬です。

まとめ:

前評判どおり、LoLやDotA2の不満な点(一試合が長い、ビルド・セオリーが複雑で予習がきつい)というのをきちんと解消できていて、非常にとっつきやすく感じました。ショップもありませんが、タレント選択によって十分ビルドは作れますし、なによりUltが2種類から選べるのが楽しいです。

ヒーローも馴染みのあるキャラばかりで、一通り触ってみようという気になります。

懸念としてはカジュアルすぎて、がっつりやると飽きるのでは?というのがありますが、これはおそらくその通り。ただ個人的には、Hearthstoneとかも似たようなもんだよね?と思ってます。

ブリザードとしてはHotS一本で稼ぎきるつもりは無いでしょうし、ブリゲーの中の1プロダクトとしてローテに組み込むには十分に価値のあるゲームだと思いました。少なくとも私にとっては今更LoLをはじめるよりはよほど魅力的です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中