WoWのレイド特徴まとめ

FF14からWoWに興味をもったりする人が少々いるようなのでWoWのレイドの特徴というのをまとめてみます、書いた人はLv50付近まで上げただけでFF14のレイドはやってません。そのため比較ではなく、WoWのレイドってこんなんという書き方です。

WoWに日本人というのは殆どいない(おそらくトータル1000~1500人)ので、普通に考えると今はFF14やったほうが良いと思います。

難易度

LFR/Normal/Heroic/Mythicの4種類

LFRはいわゆるFinderツールから入るもので、1人でもパーティでもいつでも入れます。難易度的には一番簡単でギミックやダメージが異様に緩くしてあるのでチンパンジーでもクリアできる。ただし参加者25名のうち自分以外の24名はチンパンジーなのでハードなファイトになることも多々あり。全滅するうちにだんだん味方が強くなるバフがつくので我慢すればいつかは倒せます。主にぼっち向け&レイド時間外の暇つぶしエンドコンテンツです。

Normal/Heroic

難易度的にはLFRからぐっとレベルが上がってまともな攻略が必要なレイドになります。この辺がFF14のレイド難易度に近いといわれてます。

特徴として10-30人の間で、自由に人数が構成でき、味方の数に応じて敵やギミックが増えたり強くなったり、報酬の数も増えます。ギルドのメンバーで遊ぶことが多いですが、野良から人を足したり、他のギルドにヘルプを頼んだり遊び方は様々です。カジュアルギルドはこの辺が主戦場。

Mythic

最高難易度のレイドで、参加枠は20人固定なので大体25-30人程度の面子を集める=それだけの規模を維持し続けなければいけないという意味でも難易度が高い。ここを攻略するギルドはNormal/Heroicが攻略可能になった初週または二週目とかでフルクリアして、その後はひたすらMythicをトライします。1ボス数十~数百 wipeまで難易度はさまざまで、海外の最速攻略を目指すギルドはキチガイみたいなプレイをしてます。

腕や情報収集ももちろんですが、20人分の時間をどうやって捻出するか、モチベーションをどうやって意地させるか?等ゲーム外でやらないといけない要素も多く、リーダークラスの仕事は管理職に近くなってくる(はず)。

人数

Normal/Heroicは10-30人まで参加自由となりました。当ギルドとしては2 tank と数名のヒーラーを確保して、あとは参加したい人が参加。ギルドメンバーが増えたら増やすし、減ったら減らすという対応としてますが、ポリシーはギルドにより異なります。レイドメンバーが増えすぎても管理・育成が大変なので、ある程度の人数に達したら募集を打ち切るというのも普通です。

また、WoWの文化として10人レイドだから10人固定で遊びますという遊び方は決してしません。ゲームである以上、みなモチベーションは様々ですし、増減は必ず発生するという前提を元に行動、そうでないと1人が休んだらギルド崩壊みたいな話になってしまいます。そのため10人を想定するなら12,3人のメンバーを20人想定なら24-5人集めて参加者を適宜入れ替えという感じで遊びます。もちろん減ったら補充。

不足分は野良で補うという発想も本来あるべきなのですが、WoWにギルドフリーで遊んでて、かつ、レイドに参加できるレベルの日本人なんてのは非常に少ないという事情もあるので、あまり野良でレイドというケースは聞きません。

北米のコアタイムになれば活発に活動してるギルドが増えるので、自分が主催ではなく、外人ギルドの募集している野良に参加するという遊び方はよく行われます。

ボスの数

一回のコンテンツパッチでレイド内にボス数が12-14程度、これに加えて、ワールドボスというとにかくその辺で人を20~30人集めれば倒せるお手軽なボスも1-2体います。

コンテンツの追加は大体半年に一回なので、半年かけてそのギルドが目標とする難易度のボスを全て倒してレイドクリア、というのが一般的なエンドコンテンツの遊び方になります。

Normal/Heroicがメインの所は3-4ヶ月で攻略して、残りの日数で新人やメンバーみんなの装備・サブ装備を集めたり、簡単なMythicボスを数体倒すというのが典型的な遊び方になります。

Mythicメインのところはこの半年以内のなるべく早いタイミングでMythicを攻略し、終わったら次のMythic攻略のための下準備として装備を集めるという感じ。

クラス

クラスバランスは常に調整され続けているので、特定クラスが必須とか、あのクラスはいらないというのはありません。タンクできるクラスならどのクラスがタンクしてもいいし、ヒーラー/DPSも同じ。

ただクラスが極端に偏るとアイテムの取得やバフ・デバフに無駄が発生しすぎるので、ある程度はばらけさせるという話はもちろんあります。あと色んなクラスがいたほうが単純にゲームとしても面白くなります。

報酬

難易度の順に Mythic > Heroic > Normal > LFR とItem Levelが上がりヒエラルキーを構成します、LFR/Normal/Heroicは色違いで見た目は同じ、Mythicは外見も違う装備が一部落ちるようです。Mythicについては最高のギアが落ちるので、Mythicを少しずつクリアしていくことで後半のMythicクリアの足がかりとなります。

報酬はギアだけでなく、次のパッチが追加されて緩和が来る前にMythicフルクリアするとアチーブと特殊なマウントがもらえたりもします。

予習

Mythicをやるなら予習は必須ですが、動画をいくらみても実際プレイすると大違いという意見が多いし、レイドの構成もギルドによって多種多様なので、なんらかの形での応用も必須なので予習すればそれで終わりという話で全然なくて、単なるベースラインです。

Normal/Heroicも予習はやってあればいいですが、ある程度のギミックの要点が解説してあるテキストを読んで、あとはギミックのタイミングを音やテキストで教えてくれるAddonがあるので、そんなに予習は必須というわけでもありません、上記のように動画と実際のプレイは全く異なります。

だいたいは死にながら覚えて、残りはaddonの出す警告任せでいけるというのが個人的感想。多少死人が出てもカバーできるつくりになってるというのもあります。

広告

WoWのレイド特徴まとめ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中