Legion class preview Priest

続くかどうかわからんが、ヒーラーだけでもやろうかとw
まずは一番気になっていて、なおかつ最初に来たPriestから・・・なお誤訳については責任を負いかねますので、適当に流し読んでください。

Priest
Priestは聖なる力を制御して味方を鼓舞し、傷を癒し、異常を直し、同朋を守護する霊的な実践者としてのアイデンティティーを得ている。この考え方をHolyは明らかに保持する一方で、Discではあまりそうなっていない、そして、Holyの考え方と正反対にあるのがShadowである。
この様な違いがあっても、Priestの各スペックは重要な共通点がある。彼らが力を引き出しているものに付いての揺ぎ無い信頼である。各スペックの力の源は各スペックを定義する。Legionでは各スペックの違いをゲームプレイを通じて深く探っていくことになる。

Holy
人生の大半を寺院で古の教義の研究に費やし、その教義を彼らの信者に説き、彼らの信じる聖なる力に全てを捧げた後、熟練のPriestたちは信仰の家を後にし、群れの羊飼いとして戦場に出る。そこで、彼らは傷をいやし、味方を祝福するため聖なる力をふるう。そして、前線の後方に位置し戦友を癒す一方で、この聖なる力の擁護者は敵を打ち倒し、正義を実行る能力を有する。彼らはまた道義的にShadowやVoidの力を使うことに反対し、逆に神の恩寵や聖なる光の力の典型となり、死さえも彼らの癒しの力を完全に止めることができない。

Gameplay
本来的に聖なるSpecであるとすれば、HolyPriestは引き続き多様で強力なHealingSpellをもつことになる。Chakraシステムは扱いずらかった。ほとんどのSpellを最適に使うには追加のSetupが必要とされ、滑らかなHealingMethodの切り替えを制限していた。よって、HolyWords周りに焦点を当てた動的なプレイスタイルのためにChakraを削除した。新しいHollyWordは絶対的な奇蹟を感じられるようにデザインされている。新しいHolyWordは非常に大きい効果を持っているが、バランスをとるために長めのCDをもっている。Serendipityは新しいPassive効果を持ち、長いCDをもつHolyWordのCDを短縮し、HolyWordを頻繁に使用できるようにしている。最後に…HolyPriestとしての断固たる信念をもって、彼らはShadowスペルを使わない。Smite,HolyFire,そしてHolyWord: ChastiseがHolyが敵に対して使用する道具となる。

以下、いくつか主要スペル

Heal
2.0% Mana, 40 yd range, 2.5 sec cast
スロー、エフィシェント(効率のいい)スペル、中ヒール

FlashHeal
3.5% Mana, 40 yd range, 1.5 sec cast
ファスト、エクスペンシブ(高価な)スペル、中ヒール

HolyWord: Serenity
4.0% Mana, 40 yd range, Instant, 1 min cooldown
超特大ヒール

Prayer of Healing
8.0% Mana, 40 yd range, 2.5 sec cast
ターゲットの15ヤード以内で最大5人ヒール、効果大

Prayer of Mending
2.0% Mana, 40 yd range, 1.5 sec cast, 10 sec cooldown
いつものとおり。

Holy Word: Sanctify
5% Mana, 40 yd range, Instant, 1 min. cooldown
光をタゲの場所に発射、ターゲットの10ヤード以内で最大6人ヒール、効果大

Renew
2.5% Mana, 40 yd range, Instant
即時小回復+大HoTを15Sec

Serendipity
Passive
FlashHeal、HealはHolyWord: SerenityのCDを6sec下げる
Prayer of HealingとPrayer of MendingはHoly Word: Sanctifyを6secさげる
SmiteとHolyFireはHolyWord: ChastiseのCDを6secさげる。

Mastery: Echo of Light
DirectHealingは追加で25パーセント(ギアのMasteryで追加)を6secかけてヒールする。

タレントスペル
Apotheosis
Instant, 3 min cooldown
ピュアホーリーフォームに30sec入る。Serendipityの効果を2倍増加する(合計3倍?)。

Discipline
Priestにも現実主義(人生の現実を受け入れ、実際的なことやありのままの真実を好む特性)を信奉することを誇る者がいる。彼らは光が影を作ること理解している。真の戒律は大義に仕え、対立する力と調和させる能力から生じる。これらのPriest達は多くの聖なる徳を積み、同胞を助ける一方で、彼らの敵を打ち倒すため、暗黒の技に手を出す。彼らは狂気の淵から彼らを遠ざけるため、常に厳しい戒律を自らに課す。彼らは言う…大義は手段を正当化する。…と、聖と邪、両方の聖典に通じることが、彼らを信じるものを守ることになる。

Gameplay
Absorption(バリアスペル)はLegionにおいて対処しなければならい多くの問題を作り出した。DiscPriestはダメージを受けるのを防ぐという役割においてずっと効果的だった。一方でそれは適切な時に適切なヒールをしたいと考える他のヒーラーを退屈させていた。この問題を軽減するため、Atonement関係の再定義と交換に、シールドへの強調を弱める調整をしている。
DiscPriestは今やHolyとShadow両方の魔法をつかうものとして定義される。それは戦闘での彼らの役割を拡張する。バリアスペルへの強調を弱め、一部のヒーリングアビリティーを犠牲にすることによって、DPSへの多大な貢献を得ることになった。グループコンテンツでは、ヒーラーロールを満たしながら、独特な方法でヒールとDPSのバランスをとることを目指すことになる。
DiscPriestは以下のスペルで長いCDを持つ。Power Word: BarrierとPainSuppressionとRapture、Raptureは新スペルで一時的にPower Word: ShieldからCDを除去する。

以下、いくつか主要スペル

Atonement
Passive
Plea,PW:S,ShadowMendはターゲットにAtonmentを付与する15sec
スペルでダメージを与えると、Atonmentを付与された全てのターゲットをダメージの半分即座にヒールする。
Developer comment:ヒーリングは頭割りされない、Atonmentを付加すれば付加するだけトータルヒーリングは増える。

Mastery: Absolution
Atonementの転送量を28パーセント増やす(ギアのMasteryで増加)

Plea
1.2% Mana, 40 yd range, Instant
クイック、エフェシェント 効果小

Shadow Mend
3.0% Mana, 40 yd range, 1.5 sec cast
味方をShadowsでつつむ。Shadowsは彼らを大回復する。だけど、相当な犠牲がある。
(Shadowsで包まれた)味方は1sec毎に小ダメージ(DOT)を受ける。DOTはヒール量の半分の総ダメージ(ダメージはDOTを含むあらゆるダメージ)を受けるか、戦闘を離脱するまで続く。

Power Word: Shield
3.5% Mana, 40 yd range, Instant, 6 sec cooldown
大ダメージ吸収、15sec
シールドが付いている間は詠唱妨害なし

Power Word: Radiance
7.0% Mana, 40 yd range, 2.5 sec cast
ターゲットと近くの5人をヒールする。効果中。Atonementoを付与するが、他のAtonementを付与するスペルの半分しか付与しない。

Simte
0.75% Mana, 40 yd range, 1.5 sec cast
ダメージスペル 効果中

Mind Blast
3.0% Mana, 40 yd range, 1.5 sec cast
ダメージスペル 効果大

Penance
2.5% Mana, 40 yd range, Channeled, 9 sec cooldown
ダメージスペル チャネリング2sec 効果大
チャネリングだけど動ける

Revelation
Passive
SimteとMind Blastは30パーセントの確率でPenanceのCDをリセット

Shadow Word: Pain
2.0% Mana, 40 yd range, Instant
小ダメージ+DOT…効果大を18sec

タレント

Grace
Passive
Atonementが付いているターゲットの、Atonement以外のヒールとシールドスペルの効果を30パーセント上げる。

Shadow
光を浴びたPriestは輝き、活性化し、大いなる聖なる力を得る。しかし、眩き光は暗き闇を作り出す。この闇の内側に対となる力がある。ShadowPriestはこの反対の極性を完全に受け入れる。彼らはその聖なる片割れ(Holy)と同様に断固として、闇の魔術と精神操作に注力する。他のすべてのPriestと同様に、彼らもまた己の人生の大部分を信仰にささげる。しかし彼らはその力をVoidから引き出し、危険なことにOldGodsに近い領域に迷い込むことになる。その様な古の汚れた力を真に理解するために彼らは狂気に駆られるようになる。彼らは狂気を受け入れ敵の精神が恐怖の限界達するのを糧として成長する。

GamePlay
ShadowPriestのスペルやアビリティーがOldGodsの影響下にあるのはずっと仄めかされていた。そしてLegionではそれはもっと明確にされる。新しいリソースInsanityが導入される。Insanityはより繊細さを持ち、Shadowに良くフィットし、Voidの持つ一瞬だが巨大な力を強調する。Mind Blast,Shadow Word: PainそしてVampiric TouchはInsanityを作り出す。InsanityがMaxまで溜まるとShdowFormからVoidFormへと変わる。VoidFormはShadowPriestに、より強力なVoidMagicの使用を可能にする。VoidFormはは永遠に維持することはできない。ShadowPriestとしてInsanityを可能な限り維持するため敵の精神を捕食することはきっと楽しいGamePlayになる。
一方で、Insanityの影響下にないときは引き続き、DOTに頼り続けることになる。最後に…光を拒絶するShadowPriestはHeal,FlashHeal,Prayer of Mendingの使用を避けることになる。Power Word: Shield,Shadow Mendが主要な回復手段となる。

Voidform
Passive
100Insanityに達すると、Shadowformからvoidformに変わる。MindスペルもVoidスペルに変わる。そして、Shadowダメージが30パーセント増加する。
Voidformの間、1sec毎に2パーセントHasteが増加する。HasteはVoidformが終了した後も20secの間維持される。
Voidform中はズーットInsanityが減り続ける。減少速度はどんどん増加し、Insanityが尽きるまで、減少速度は増加する。完璧にInsanityがなくなると、Voidformは解除される。

Mind Flay
40 yd range, Channeled
3secのチャネリングダメージスペル。効果小。スネア50パーセント。
Vidoform時はVoid Flayに変わる。Void FlayはShadow Worrd: Painを3sec延長する。

Mind Blast
40 yd range, 1.5 sec cast
ダメージスペル。 効果大。 +15Insanity
Voidform時はVoid Blastに変わる。CDが4.5secにVampiric Touchを3sec延長する。

Vampiric Touch
40 yd range, 1.5 sec cast
DOT24sec。 効果大。 効果中は自己回復も付く
もしDispelされたら、した人はHorror3sec
効果中DOTがダメージを与えるたびに… +3insanity

Shadow Word: Pain
40 yd range, Instant
最初小ダメージ+DOT18sec 効果大
効果中DOTがダメージを与えるたびに… +3insanity
効果中DOTがダメージを与えるたびに… 10パーセントの確率でMind BlastのCDリセット

Mastery: Madness
ダメージとMind Blast, Shadow Word: Pain, Vampiric Touch, and Shadow Word: Death によるInsanityを20パーセントアップ(ギアのMasteryで追加)

タレント

Oblivion
Instant, 2 min cooldown
+100Insanity

広告

Legion class preview Priest」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中