新米タンクの準備

WoWにはDPSやヒーラー、タンクといったロールがあり、それぞれ面白さがありますがタンクは5manダンジョンでは一人、Raidでは何人いようが2人と固定されており遊んでる人が少ないロールです。チャレンジしてみたいけど、なんか役割も重要そうでどうすればよく分からないという人向けの記事です。クラス毎の細かい事は書きません。記事を書いた人はDHがメインで他にWarrとDruidのタンクロールを遊んだ事があり他のクラスはよく分からないです。


スキルを一通り調べておく。

タンクは防御系のスキルが豊富ですが必ずあるのがActive Mitigation系のスキルで各クラスに1種類あり良く使用します。普段は敵を殴りつつこのスキルを使って受けるダメージを減らしますが ボスによってはタイミングよくこのスキルを使用する事によってDebuffが防げたります。攻略サイトにはよく「このタイミングでActive Mitigationを使用する」みたいに書かれます。

  1. Vengeance Demon Hunter — Demon Spikes
  2. Guardian Druid — Ironfur
  3. Brewmaster Monk — Ironskin Brew
  4. Protection Paladin — Shield of the Righteous
  5. Protection Warrior — Shield Block
  6. Blood Death Knight — Blood Shield / Death Strike / Marrowrend

タンクには必ず敵を自分に引き寄せるスキル(Taunt/挑発)があり頻繁に使用するので使いやすいキーに設定しておきます。Raidで2人のタンクがボスを交代する時はこのスキルを使います。

CD(クールダウン)系のスキルは物理攻撃に効果があるものと魔法攻撃に効果があるものがあるのでボスの攻撃に合わせて使用すると良いです。ボスのスキル説明でPysical damageだったら物理でそれ以外は魔法くらいの認識で問題ないです。

集団の敵にはAoE系(範囲攻撃)のスキルがあるのでそれらを使って敵を自分に集めます。

遠くの敵を捕まえる為に投げ技やレンジ攻撃があるクラスは活用しましょう。

ボスによっては素早く移動しなければいけない時があるので移動系のスキルがあれば使えるようにしておきます。

インタラプト(敵の魔法唱和を中断)はタンクがよく行う仕事の一つですので使えるようにしておきます。


スレート(Threat)をチェックする。

WoWの仕組みとして敵は各プレーヤーに対してスレート(脅威)値を持っていて敵に対して攻撃などをするとスレート値が上がります。タンクロールは他のロールに比べてスレート値が高くなるようになっておりスレート値が特に高いスキルもあります。敵はスレート値が一番高いプレーヤーを狙ってくるのでAddonなどを使って視覚的にチェックができると良いです。例えばRaidの場合はボス交代の時、自分のスレート値があまりに高くて交代がうまく行かない場合があるのでその時はあえて攻撃をせずにスレート値を下げるなどの調整をします。逆に自分のDPSが高くすぎて相方がボスをとった後にTauntしてないのにボスをとってしまうこともあるのでボスを持ってないタンクは攻撃を止めるなどしてスレート値を90%くらいにしておくと良いです。
スレート値の上がる行為としては

  1. タンクの挑発スキルを使うと一時的にスレート値がぐっと高くなります。
  2. 初めて攻撃してきたプレーヤーにはスレート値がぐっと高くなります。
  3. 攻撃をする。DPSが高いほどスレート値も高いです。
  4. スレート値の高いプレーヤーを助ける。たとえばヒールするなど。

等があります。


道を覚えたり敵のスキップ方法をPug(野良)で学ぶ。

5manにせよRaidにせよタンクは戦闘をリードする事が多いので先頭になります。たまに道順がややこしいダンジョンがあるので覚えておくとよいです。初めてのダンジョンはとりあえずDPSかヒールで行ってみて覚えるのも良い方法です。その時に意外なスキップ方法(雑魚の敵と戦わずスルーする事)が発見できたりするのでちょいちょいタンク以外で遊ぶのも良いと思います。


ボスのギミックやパターンを覚える。

Raidやダンジョンのボスはいろんな仕掛けがありますが結構タンクが対応しないといけないものがあります。タンクは人数が少ないので他のロールに比べ、きちんと対応しないと全滅してしまったりします。調べる方法はいくつかありますが私の場合はまずなにも調べずに一回戦ってみます。一通りボスのスキルやギミックを見た後よく分からなかったり強くて倒せなかった場合はwowheadや探せば日本語で説明してくれてるサイトもあるので見ます。これは人それぞれだと思いますがいきなり調べると楽しみがへったり一度でも戦うと説明文を見た時に理解しやすいです。調べるのはめんどくさいですがタンクというロールの性質上ボスに対する対応は求められます。

代表的なものとしては

  1. ボスの交代。ほとんどの場合自分や相方タンクのデバフが目安になります。よくあるパターンとしては相方デバフのスタック数が決まった数値になったらとか自分のデバフがなくなったら、ボスが特定のスキルを使ったらみたいな感じです。
  2. 決まった場所に移動する。これも良くあるんですがパターンとしてはとあるボスの攻撃をタンクが受ける為に決まった場所に移動するとか、ボスの攻撃を相方タンクと一緒に受ける等です。
  3. ボスを誘導する。ボスは基本タンクが捕まえてるのでタンクの位置にボスも移動してきます。その特性を利用してこちらが有利になるようにボスを誘導します。よくあるのがボスのいる場所がダメージゾーンになって安全な場所まで移動するとかボスのとあるスキルを決まった場所で出させる、ADD(ボス戦の時に追加で参加してくる敵)とボスを一緒に攻撃しやすくする為に移動させる等です。ADDを捕まえたタンクがADDをボスに連れて行くパターンも良くあります。
  4. ボスとADDやオブジェクトを離すもしくは近づける。良くあるのがボスととあるADDの距離が近かったり遠かったりするとバリアが貼られて攻撃が通らなくなる等です。
  5. これはボスではないですが道中のTrash(トラッシュ・ゴミ/雑魚敵)は通常まとめてDPSがAoEで攻撃できるようにします。ただし中にはまとめると強くなる敵などもいるので遊びながら覚えると良いです。

Raidや新しいダンジョンがオープンしたばかりの時はトライ(まだそのボスを倒せてなくて何度も全滅しながら頑張る事)が多くなりがちですのでタンクの動きでDPSが上がったり味方が死ににくくなったりしますのでとても面白いです。


必要な情報を表示しておく。

最初の方に説明したスレート等の事です。最低限確認できてたほうが良いものとしては

  1. スレート(Threat)
  2. 自分のDebuff(デバフ)
  3. Raidの場合は相方のDebuff
  4. ボスのBuff(バフ)およびDebuff

Buffというのはボスやプレーヤーにかかってる効果の事で能力を上げるものです。例えばヘルスが多くなったり攻撃力が上がったりです。Debuffは逆でかかってるボスやプレーヤーの能力を下げます。ボスで良くあるのは特定の攻撃力が上がる等です。BuffもDebuffもスタックといって同じ効果が積み重なるものがあり、タンク交代はほとんどの場合このメカニックに対応する為に行います。(例:ボスをキャッチしてるタンクにデバフがスタックして攻撃に耐えられなくなるので交代する等)タンク同士でよくある会話としては「デバフ2で交代(数値はボスによります)」というのでボスをキャッチしているタンクに特定のDebuffが2個スタックしたらボスをキャッチしてないタンクがボスをTauntしてとってねという具合です。

BuffやDebuffの情報表示はAddonを使うのが簡単で種類としてはRaid Frameというものです。自分や敵、味方のヘルスやBuffなどの情報をカスタマイズできます。初心者におすすめするのはShadowed Unit FramesというAddonです。設定が比較的簡単で自分や味方、ロール別、ボスなどあらかじめ分けられており好きなように表示の設定ができます。表示するものは好みですがタンクの場合はタンクロールとボス、自分と選んでるターゲットくらいは表示しといたほうが良いと思います。自分や相方に対してはDebuff、ターゲットとボスはBuffとDebuffを表示するのがオススメです。ボスのDebuffは多くなりがちなので表示しなくても良いかもしれません。


入れといた方が良いAddon。

Addonは好みで良いと思いますがRaidで遊ぶなら上記で紹介したもの以外でこれは入れといた方が良いというものをご紹介します。

Deadly Boss Mods (DBM)

このAddonだけは絶対に入れておいた方が良くRaidはこのAddonが入っている前提でよく戦術の話をします。ボス戦において警告などを出してくれ、タンク交代のタイミングも教えてくれますので初めて戦うボスでよく分からない場合はとりあえずDBMの通りに交代しておけばよいです。タンク的によく使う機能はボスが使用してくるスキルのタイミングがメーターで分かるようになってるのでそれを見ながら自分が使うスキルを調整したりボスの位置を移動したりします。ボス戦が始まる時のカウントダウンがありますがそれもこのAddonの機能です。カウントダウンはタンクがすることが多いのでコマンドを覚えてマクロにしておきましょう。(例: /dbm pull 7)DBMはボスが使用するスキル毎に音でお知らせしてくれますが変更することができます。特に気をつけなければいけないスキルなどは特別な音にすると気付きやすくなったります。

Tidy Plates

ユニットフレーム(敵や味方についてるヘルスバー)の見た目や表示項目を変更できます。タンク的には敵のスレートが自分に向いているかを色で、誰にスレートが向いているかバーに小さく名前が表示されボスや雑魚が誰に攻撃をしているのかが視覚的に分かりやすくなります。

Prat3.0

チャットをあれこれ設定できるAddonですが便利機能としてチャットに発言があった時に音をならしてくれます。Raidリーダーの音は別の音にしてくれたりできますので戦闘に夢中でチャットに気がつきにくい場合は便利です。

RangeDisplay

選択したターゲット等(他にも色々設定できる)から自分までの距離を表示してくれます。タンクが対応するギミックで良くあるんですが相方タンクと00ヤード離れるや近づくとか、ボスのスキルのAoE範囲が00ヤード等、距離での説明が良くあるのでそれを調べるのに便利です。私がよく使うのがFocus(好きな対象を選んで表示できる)の距離を見やすい位置に設定しておいてダンジョンではヒーラー、Raidでは相方タンクをForcusして距離をチェックしています。

WeakAuras 2

このAddonは設定がなかなか難しいですがAddonで可能なほとんどの事ができてしまいます。もちろん調べて自分でなにやら作ってもいいんですがほとんどの場合は誰かが作ったものを使用する為に入れておきます。wagoというサイトには便利なWeakAurasで作ったものがたくさんありますので一度チェックしてみてください。タンク的にはRaidボス用のWA(WeakAuraは略してWAと呼ばれる)を入れておいて場合によっては少し編集したりします。私がよくやるのは自分のデバフがなくなったら交代するボスの時に自分のデバフが消えたら音がなるみたいな設定にしたり、特定のスキルのカウントダウンなどです。

GTFO

ダメージゾーンを踏んづけると音がなるAddonです。タンク以外も入れておいて良いと思います。

Recount

いわゆるDPSメーターです。タンク的には受けたダメージをよくチェックします。あとはボスの攻撃をチェックする時にも便利です。DPSメーターは色々あるので好みのものを1つ入れておけば問題ないと思います。

あとこれはAddonではないですがタンクはよく特定の敵を指示する為にマークを敵につけますが普通にやると大変なのでマクロでやると便利です。

/run SetRaidTarget(“target”, 8)

上記の場合ターゲットしたあとこのマクロを使うとスカルがつきます。数字の8を変えれば違うマークになります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中