IPv6によるPingの改善

最近サーバのLagを感じるという事でうまくいった改善案をご紹介します。これを行えば必ず改善されるとは限りませんので悪しからず。

簡単な解説

普通にインターネット接続している場合IPv4 PPPoE接続という形式となっています。この形式ですとNTTフレッツ網からWoWサーバに通信する際に網終端装置を通過しますが、ここが混雑してLagを感じる時があります。これをIPv6 IPoE接続にすると網終端装置を通過しませんので混雑の影響を受けなくなるという訳です。

 

必要なもの

  • フレッツ光ネクストなどIPv6に対応した回線
  • IPoE DS-Lite方式に対応したプロパイダ
  • DS-Lite方式に対応したルータ

設定方法

まず利用している回線がIPv6に対応している必要があります。NTTやKDDIなどは対応しているはずです。ケーブルTV回線などは要確認です。ここでは私が利用しているフレッツ光で説明します。

  1. NTT東西が提供しているフレッツ光ネクスト回線のオプションで「フレッツ・V6オプション」を契約します。契約は無料です。

    NTT東日本フレッツ・V6オプション | NTT西日本フレッツ・V6オプション

  2. フレッツ光回線を契約した時に送付される「開通のご案内」書類に記載されている「お客様ID」と「アクセスキー」を用意しておいてください。
  3. IPv6 IPoEに対応したプロパイダと契約をします。どこでもいいですが私が使っているのはインターリンクという所で最初の2ヶ月くらいはお試しができますのでおすすめです。ただしクレジットカードが必要となります。インターリンクは ZOOT NATIVE というIPv6サービスがありますのでこちらを利用します。費用は月1,000円です。このサービスを利用する際に「お客様ID」と「アクセスキー」の情報が必要になります。
  4. DS-Lite対応のルータを用意します。対応していればなんでも良いと思いますが私が使っているのは IO-DATA のルータで6,000円くらいです。フレッツ光ネクスト回線を契約している場合ONUかひかり電話対応のホームゲートウェイという機器があるはずですので、対応したルータをそこに接続しPCはそのルータと繋げます。
  5. ルータの設定を行います。この設定を行うまでに上記の契約や設定を完了させてください。IO-DATAの場合はこちらを参考にしてください。PPPoE接続と違いDS-Lite接続ではアカウントやパスワードの設定は必要ありません。プロパイダと契約した時点で使用している回線との紐付けが完了しています。もしプロパイダを変更したい場合はきちんとした手続きが必要になりますので気をつけてください。
  6. 問題なく設定が完了すればインターネットが普通に使えるはずです。IPv6に対応していないサイトやアプリケーションもDS-Liteという形式を利用することで網終端装置を通過せずインターネットが利用できて快適になります。WoWはIPv6を利用するオプションがありますので設定します。ESCか?ボタンをクリック、Systemを選択しNetworkを選ぶと「Enable IPv6 when available」というチェックボックスがあるのでチェックを入れます。IPv6で通信しているか確認するには?にマウスカーソルを合わせて表示されるGame MenuのInternet ProtocolsのHomeとWorldそれぞれがIPv6になっているかどうか確認してください。アメリカのサーバでしたらPingが120~130になっていれば正常です。たまにIPv4になっているのでその時はWoWを再起動してみてください。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中